Blender チュートリアル

メッシュ編集5

面張り

モデリングで多用するものとして、面を張るということがあげられます。操作方法を説明します。

以下のような正面と背面の面がないCubeをサンプルにします(Cubeをエディットモードにし、Face選択モードで削除する面を選択し、「Xキー」で削除します。するとメニューが表示されるので「Faces」を選択します。削除されたら、Vertex選択モードに戻します)。

面張り

面張りはエディットモードで操作します。正面に面を張るには、その面を構成するVertex(図では四隅)を選択します。
次に、「Fキー」を押します。すると、面が張られます。

面張り

では、次に四隅のうち3箇所だけVertexを選択して、「Fキー」を押します。すると、面は3角形になります。

面張り

今度は、以下の図のように面を張りたい平面上に4つ以上のVertexがある場合はどうでしょうか?これで「Fキー」を実行してもエラーと表示されてしまいます。では、どうやって面を張るか? 先ほどの三角形単位の面を端から順に張っていって、面を埋めるか?
実はもっといい方法があります。

面張り

まず、同様に面を張りたいところのVertexを全て選択します。次に、「Shift+Fキー」を押します。これは、Fillといって、面内のVertexを用いて、コンピュータが勝手に適当な三角形で面を張ってくれる機能です。

面張り

これで終わりにしてもいいのですが、作りたいものによっては、勝手に張られた面が都合が悪い場合があります。たとえば、面を張った後に少し面を曲げてしまったために面の法線方向が各面でバラバラになり、レンダリング時に意図しない反射の模様ができてしまうといった場合です。とにかく、1枚板の面を張りたい場合には、更に「Fキー」を押します。
すると、以下のようなメニューが表示されるので、”Make”を選択します。

面張り

この結果は、以下のようになり、1枚板で面を張ることができました。ちなみに、この状態で更に「Fキー」を押して、”Clear”を選択すると、複数の三角形で構成された元の面に戻ります。

面張り

Merge

例えば、円盤など作成するとき、まず「スペースキー」→「Add」→「Mesh」→「Circle」で円を作成しますが、それでは円周のみで面にはなっていません。この場合、「Shift+Fキー」で面を張り、「Fキー」で1枚板にするのもいいのですが、それでは以下のようになってしまい、都合が悪い場合も出てきます。

Merge

または、押し出し(Eキー)を実行し、「Sキー」で縮小して、Vertexが重なった部分を取り除く方法もあります(重なりを削除する方法は次ページ参照のこと)。

Merge

この方法もいいのですが、Mergeという機能を使うと楽です。Circleを作成したら、「Eキー」を押して、すぐにマウス右ボタンを押して、Extrudeのモードから抜けます。次に「Alt+Mキー」を押すと、以下のメニューが表示されます。

Merge Menu

ここで、「At Center」を選択すると、実行後削除される重なり合ったVertex数が表示されるので、マウス左ボタンを押します。すると、選択しているVertexがその中心に集められ、重なったVertexを取り除き、上記「Eキー」を使ったときのような結果になります。

「At Cursor」を選択した場合は、以下の図のように3Dカーソルに選択したVertexが集められます。

Merge

以下のように立方体の2つのVertexを選択して、「Alt+Mキー」を押したとき、右図のようにメニューに「At First」「At Last」
「Collapse」が追加されます。

準備 Merge Menu

この図は最初に手前のVertexを選択した後に、後ろ側のVertexを選択しています。 メニューから「At First」を選択すると、以下の左側の図のように最初に選択したVertexにマージされ、「At Last」を選択すると後に選択した方になります。

At First結果   At Last結果

次に「Collapse」ですが、以下の左図のように選択した部分がバラバラになっているとき、今まで上記で出てきた方法では、いずれか1つのVertexにマージされることになるのですが、Collapseを用いると、それぞれの部分部分でマージされます(右図)。

Merge-collapse1 Merge-Collapse2

前ページ(メッシュの編集4)へ | 次ページ(メッシュの編集6)へ

Blenderチュートリアル・メニューへ戻る。