Blender チュートリアル

テクスチャ1

マテリアルは1色の色の設定をするだけで複雑な模様は表現できません。しかし、複雑な模様などを書いた画像(テクスチャ)をマテリアルに貼ることで複雑な模様を表現できます。Blenderには予め数種類のテクスチャが用意されています。また、お持ちの画像ファイルテクスチャとしてを使うことができます。また、テクスチャはオブジェクトのみならず、ライトやワールド設定(後で説明します)にも適用することができます。

Blenderを起動後、表示されている立方体オブジェクトを選択し、画面下部の「Shding」→「Texture buttons」ボタンを押すと以下のテクスチャ設定パネルが表示されます。

テクスチャ設定パネル

(1)の部分は、このテクスチャ設定が適用されるものを指定するものです。”Mat"はMaterialに対してテクスチャを適用し、”World”はワールド設定に、”Lamp”はライトに適用することになります。
(2)の部分はテクスチャの名前で、マテリアルのページで説明したものと同じ操作方法です。
(3)は現在設定されているテクスチャが一覧として表示されます。このスロットからも分かるようにテクスチャは10種類まで同時に組み合わせて使うことができます。 使い方は、空欄をクリックして、(2)の部分に表示される「ADD NEW」を押せば、新しいテクスチャが設定できるようになります。
(4)は適用するテクスチャのタイプが表示されます。このプルダウンメニューには、Blenderが予め用意しているテクスチャと、画像ファイルを指定する”Image”があります。ここでテクスチャタイプを選択すると、より詳細な設定ウィンドウが右側に表示されます。
(5)のボタンは、テクスチャにアルファチャンネル(透明な部分)がある場合に、左のプレビュー(上図の黒い四角の部分)でアルファの部分を格子で表示させるものです。

では、試しにやってみましょう。

  1. 画面上にあるオブジェクトを削除します(「Xキー」または「Deleteキー」)。
  2. 適当な位置にCubeを作成します(「スペースキー」→「Add」→「Mesh」→「Cube」)。
  3. 「Tabキー」を押してオブジェクトモードにします。
  4. ボタンウィンドウの「Shading」、「Material buttons」ボタンを押します。表示されたパネルから「Add New」ボタンを押します。 これでマテリアルが追加されました。
    チュートリアル

  5. ボタンウィンドウの「Texture buttons」ボタンを押します。表示されたパネルから「Add New」ボタンを押します。これでテクスチャが追加されました。

    チュートリアル

  6. 追加されたテクスチャの模様を設定します。”Texture Type”から”Clouds”を選択して下さい。

    チュートリアル

  7. 「Material buttons」を押して、マテリアル設定パネルに移ります。右端のパネルの”Map To”タブをクリックし、表示されたパネルのRGB設定を下図のようにします。これはテクスチャの色の設定です。

    チュートリアル

  8. 「F12キー」でレンダリングして完成を確認しましょう。

    チュートリアル

前ページ((練習)複数マテリアル設定)へ | 次ページ(テクスチャ2)へ

Blenderチュートリアル・メニューへ戻る。